女性

無理せずゆっくり治す

見逃されやすい病気

女性

自律神経失調症は、過度なストレスや精神的苦痛を感じることにより自律神経のバランスが乱れる病気です。症状としては食欲不振、腹痛や頭痛、節々の痛みなど、風邪とよく似たようなものが現れます。そのため単なる風邪と決め込んでしまい病院に行かない人も多いですが、自律神経失調症は放っておいたら悪化する恐れがあります。 特に、強いストレスの後に体調を崩した場合は十分に注意してください。 自律神経失調症を改善するためには、不規則な生活や食事法を見直したり、精神を安定させる薬やサプリメントを服用したり、すぐに実践できるような治療法が多く存在します。適切な指導者のもとで、自分に無理をさせない生活を送ることが、自律神経失調症を治す一番の近道です。

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは本来の病名ではありません。いろんな検査をして、症状が出ているのに何も異常が見つからなった場合「自律神経失調症」と言われるケースが多いのです。 自律神経失調症は自律神経の乱れが原因で起こります。食生活や運動、ストレスなど日常生活がとても大きな影響を与えています。また症状も様々で人によって違うので、それぞれの治療法が必要となり、重症化すると自律神経失調症が長引き、うつ病を併発してしまうときもあります。自律神経失調症を治すためには、まずは日常生活の改善からスタートして、ストレスをなるべく解消するようにしましょう。それでも治らない場合は、やはり精神科や心療内科を受診して投薬や自律訓練法などの治療法を試す必要があると思います。 誰にでも起き、いつ起こってもおかしくない自律神経失調症を前もって知っておきましょう。