女性

原因と対策を知ろう

生活習慣を見直すこと

女性

自律神経失調症は、自律神経のバランスが崩れた時に起きる症状です。症状が起きる原因が分からないのが特徴ですが、ストレス社会と云われる現代においては、誰もが発症する可能性を秘めている現代病の一つです。 日常の食べ物についても自律神経失調症になり易かったり、なり難くかったりします。肉やバターなどはなり易く、逆に魚に含まれる油分はなり難いのです。又、カフェイン、唐辛子、タバコ、多量の酒は摂取することで自律神経失調症になり易い体質になります。それだけに日頃の食事法を見直すことも大切です。 自律神経失調症の治療に役立つ成分としては、高麗人参、田七人参、ローヤルゼリー、イソフラボン、にんにくなどがあり、これらを活かして作ったのが市販されているサプリメントです。 今後はサプリメイイトの効能が研究されて自律神経失調症に効く成分が発見されて、新しい医薬品として病院で処方される時代が来ることも予想されます。

自律神経失調症と天気

自律神経失調症を患っている人の中には、天気が崩れる前に調子が悪くなる人がいます。 日本には四季があり、春夏秋冬の季節がはっきりしています。この季節の変わり目に、気温が変化するのなどの要因で自律神経失調症の症状が悪化するケースがあるのです。低気圧が接近してくると天気が崩れて気温も大きく変わり、自律神経に影響を及ぼすのです。季節や気候の変化に敏感な人は自律神経失調症になりやすく、逆に自律神経失調症になりやすい体質の人は季節や気候の変化に敏感なのです。 自律神経失調症を患っている人で、雨の日は調子が悪い、雨の日の前日は調子が悪いと感じるようになったら、なるべく休むようにしましょう。自分で天気予報に注意することで、自分の症状を把握することもできるのです。